地域密着の個別指導塾のレベル

生徒のニーズに合わせた学習指導ができるという面では高レベル

地域密着の個別指導塾といってもその種類はさまざまです。各校区に教室を展開している大手の個別指導塾もあれば、先生が個人で教室を営んでいる塾もあります。いずれにしても個別指導では、生徒一人ひとりのレベルに合ったカリキュラムで、理解度に応じた丁寧な授業やサポートが受けられるのがメリットです。さらに地域密着型であれば、塾生が通っている学校についてよく理解しています。学校の宿題の出し方や定期テストの傾向などを把握しやすく、定期テスト対策のノウハウを蓄積しています。地元の受験情報にも精通しているでしょう。各学校の特徴や生徒のニーズに合わせた学習指導という面では、地域密着型の個別指導塾はレベルが高いと言えます。

塾を選ぶ際は、志望校の合格実績を参考にするのも良い

個別指導塾では、完全マンツーマン、もしくは先生1人が生徒3~4名を個別に指導する形態をとっています。地域密着型の個別指導塾という性格上、基本的にどんなレベルの生徒でも受け入れているところがほとんどであるため、塾そのもののレベルは外からは分かりにくいのが実情です。個別指導塾を選ぶ際のポイントとして、志望校の合格実績を教えてもらうのも良いでしょう。入塾する前には見学をさせてくれたり体験授業をしてくれたりする塾がほとんどなので、そういった機会に先生としっかり話をし、情報を得るのがおすすめです。子供の学力や性格、進学目標など、塾選びには考慮しなければならないことがたくさんあります。じっくりと吟味し、納得できる塾を選びましょう。

中学受験の個別指導では、子どもの意欲をいかに引き出せるかが重要です。中学レベルの難しい問題も必死に頑張っているので、子どもたちが頑張って説いた問題は間違っていても、全力で褒めてあげることが大切です。